予約する際の基本的な方法

予約は従来でしたら電話が主流でした。しかしシステムが整備されたお陰で、ミュゼではHPで行える方法が備わります。特に初めて利用するのでしたら、ネットから申し込みした方が絶対に得します。

専用特典なる物がありまして、例えば普通に電話ですと本来何千円するコースが、ネット経由でたったの数百円、しかも1回キリの値段ではなく何度でも適用されるという高待遇が得られます。

電話は24時間対応ではありません。受付できる間が区切られており、日中働いている人には連絡を入れる暇が取れないのではないかと思います。その点ネットなら時間に縛られず、自由に予約を入れられます。

もしココが良いですと伝えた日時が、既に余所の人で埋まってしまっていたら、電話の場合担当スタッフとのやり取りが発生、それが結構時間を割かれる物です。一方ネットでしたら、会員ページを開けば空き状況が一目瞭然で、すぐにココにしよう、と指定できます。

また、電話ですとたくさん人が殺到した際、あらかじめ準備していた人数でしか対応できず、なかなか自分の番が来ない、いつまで待たせるつもりかという不満へとつながります。ネットはよほどの数が殺到しない限り、あっさりと手続きが踏めます。

かなり下がった値段で施術可能、予約もスイスイ、明らかにネットに軍配が上がります。破格バージョンでも追加料金はありませんし、キャンセルしても余分に請求されません。安くなった分、何か悪い事が待っているのでは、と恐れる心配は皆無です。

ミュゼ予約の際は、ネットを強く強くお勧めします。

予約枠が取れないイメージの強いミュゼですが

計画通りに脱毛を終わらせるには、毎度予約枠が確保できる事が非常に重要です。ミュゼは随一の優れた店とあって、自分の分が取れない、という事態が割とあるのです。

ミュゼのお店は新規のみならずリピーターさんで溢れ返ります。ワキ狙いで契約した人が、サービスの親切ぶりと脱毛の魅力にハマって、今度はココもやってもらおうかな、と追加するケースが後を絶たないからです。

いくつかコツを活かして、難局を乗り切りましょう。

まずやれるのはお客が集中するチェーン店に、自分は行かない行為です。幸い、ミュゼは数多支店を持ちます。流石にその全てが混んでいるとは考えにくいです。やはりアクセスが特別良い所に建つお店に、人がわんさか入ります。そうした所に行くのを止めるのです。契約したお店にこだわる必要はありません。以降は好きな所に次々移って全く構わないです。

次できる事は混む日時を避ける、です。混み合うのは帰宅ラッシュに含まれる平日の夕方5時以降と、多くがお休みに入る土日が、当てはまります。それ以外の平日午前等を狙う方法です。

ところで施術は1か月どころか数か月先と、結構間が空きます。長いスパンなので確実にあらかじめ言っておいた日時に来れるか、というのが分からず、後日連絡しますという考えの人がいらっしゃいます。後日連絡に着目しましょう。

すなわち、すぐ予約するのを控え、あえて、前日か当日まで先延ばしする手を使います。人のキャンセルするのを待つためです。行くつもりだったが、急遽別の予定が入ったからキャンセルしたいと申し出する人が案外多いです。ポッカリ空いた隙を狙いましょう。

ミュゼはキャンセルした事へのお咎めは無し

やむを得ず、今回はキャンセルとなった場合、普通はお咎めではないですが、お金を取られたり、1回分が無くなり等して損します。ところがミュゼではマイナスがありません。

エステ業界はお客よりもお店利益を優先する所があり、そこをミュゼが察知したのでしょう。つい最近改善されまして、キャンセルをたとえ施術日に行っても罰金がタダになりました。サービスを常に見直し、本当に改良に向けて動くミュゼの姿が垣間見えます。

キャンセルしたい場合は、コールセンターに連絡を入れるか、ネットにつないでマイページから操作を行います。

ミュゼは10分遅刻であなたの番を無かったものとします。種々の事情で約束に10分以上遅れそうな時は、絶対に間に合わない、どう頑張って急いでも遅刻確定する、と既に結論が出ているのなら嫌でしょうが、今回は早々に諦めすぐキャンセルします。必死になって駆けて入っても10分オーバーしたら急いだのがムダになってしまいます。

エステによってはオーバーした分サービス時間を削るので、カットどころか、注文をすっかり無くすミュゼの姿勢は、厳しいと思うかもしれません。しかし全体で見ますと意外にとても良心的です。

時間カットは、確かにその日のうちにやってもらえるメリットがあるとはいえ、本来の時間よりも早々におしまいにされる訳です。半端にされるとそれはそれで不満が募ります。

いつでもキャンセル可能で、お金も取られない、次も何事も無かったように普通に予約できるミュゼは、かなり広い心で接しています。

解約すると告げてもミュゼはすんなり受け付ける

止めたいと言った途端、対応が露骨に酷くなるエステもあるゆえに、一抹の不安が生じるかもしれませんが、大丈夫です。今回で通うのはストップしたい、と話を切り出してもミュゼは嫌な態度を取りません。あっさり話は通りすぐ手続きに入ります。

次に気になるのが、未使用分のサービス代金は返してくれるか、という事です。これも大丈夫で、そうした制度が用意されているので、ササッと行ってくれます。無事まだ使っていないお金が戻ってくるので、こちらには何の損もありません。

例えば6回契約して4回行った場合、残りの2回分のお金をちゃんと返してくれます。さらに手数料もゼロで、そっくりそのまま手元に戻ります。

流れは契約したお店に電話しますが、一方的に告げるだけでは足らないので、来店する必要が生じます。

必要な物は契約時に押した印鑑、返されたお金をどこに振り込めば良いかといった情報等です。カード払いしたら、その時使ったカードも要ります。

カードは、クレジット会社が間に挟まる関係で、処理に手間取るのが難点です。そこも踏まえて、始めから現金払いを選ぶのが得策かと思います。

驚くべき事に、ミュゼは始めのコース説明段階で既に解約は全然良いですと自分から言ってきます。普通、せっかくの儲けが減ってしまう理由で、隠したがるものです。

しかも始め、たくさん回数分を買っておいて、まとめ買いならではの割引を有効にした上でもなお、返金を受け付けてもらえます。

お客が得するようにと本当に考えているのがミュゼです。

ミュゼで可能な支払方法は現金だけではない

ミュゼ料金はワキであれば気を楽にして支払えるものの、他パーツだと数万単位になる事があります。全身ともなれば10万オーバーは当たり前で、一括で支払うのは厳しくなります。

ミュゼは代金を一度に手渡せない人のため、現金以外にもカードを準備します。ローンは用意していませんので、我々が加入するカード会社から引き落とします。向こうから指定されないため、自由にこちらの都合で、分割支払いしても良いのです。

注意点は支店によって、使えるカードが違ってくる事が一つに示せます。

そしてもう一つ、利息の事を考えなければいけません。分ける数を増やせば増やす程に、一回当たりの負担は小さくなりますが、払うべき利息の重荷は増大します。トータル的に見て、一度に払うよりも損します。

払う、とは言いますが実質は自前で用意できない必要代金を、カード会社に代わりにミュゼに向けて払わせています。すなわち我々は借金しています。だから後で返す時、代わりに払ってもらった礼として、余分にまたお金を取られる訳です。

ある種、クレジット払いは今後の生活バランスを激しく狂わす危険行為ですので、気を付けましょう。とりわけカード会社の利率は結構します。分割で払うつもりでいる時は、金利の高さが要注意です。

それなら金利が安いキャッシング会社のローンにしよう、と思いつくかもしれません。しかしミュゼでは受付不可で、その方法は使えないです。

気軽にカード払いするのは適切でない事が分かります。あくまでもお金に余裕がある人向けです。

ミュゼの店切り替えは意外と便利で助かる

エステランクは上位を維持するミュゼは、チェーン店が日本全国にたくさん存在します。それはどこに住んでいようが無関係に、立ち寄れるメリットを生み出します。

さらに店舗を固定しないシステムの恩恵で、始めにカウンセリングを受けたお店に限らず、他でも脱毛の続きが受けられます。

途中で遠くまで居住を移す事になった時、引っ越し先に店が無いと、契約打ち切りする羽目になりますが、ミュゼなら新天地に来ても高確率で建っています。たとえ違う店に訪れても、まるで今まで利用していたかのように普通に応対してくれて安心です。店を変えてもデータがあるので、すぐ把握してもらえます。

引っ越しに限らず、とにかくこちら都合でいつでも行きたい店に予約しても大丈夫です。例えばこれまで通っていた店が、他の人で予約枠がパンパンになっていても、別の空いている店に変える事もして良い訳です。

ミュゼは同エリアにいくつも店が置かれており、お休みは自宅近くが通いに楽だが、いつもは仕事や学校の帰りついでに寄れる所に、と使い分けも可能です。

変更はネット会員サイトから行え、行く予定の店をチョイスする事で、今の空き状況が見れます。

他にも格安でしてもらえるエステはありますが、通常コロコロ店を変えてもOKとの態度は取っていません。サービスを受けたいお店を、こちらが自由に決められて、都度変えても全然構わない態度を取ってくれるのはミュゼだけです。お客の事情を考慮しており、些細だけれど魅力なシステムです。メリットばかり見受けられます。